モンティーのネット内職繁盛記

この日記はいろいろなネットの副収入方法を駆使し、お金持ちになる過程を書いてるものです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. トピックイットに投稿する トピックイットに投稿する

爆負けの2週目

 今週は先週チャートを見ながら取り引きすれば勝てると思い月曜日意気揚々とやるも高速反転で負け。その時の教訓1枚がけで様子見ながらかける、というもの。
 次の日はその教訓を生かし勝ち。
 水曜日も同じ方法で値段が反転したらナンピンする方法で対処しようとするも、損切れず負け。
 木曜日はさぼってその方法やるも、暴騰し損切れず負け。木曜日夜、暴騰する勢いで最初勝つも、だらだらの値動きに損切りしすぎて負け。
 金曜日朝やけになり、長期保有のスイングトレード挑戦も反落して証拠金ギリギリまで枚数勝ったのでロスカットされ、とうとう窮地に追い込まれました。
 でも何故かスッキリした気持ちです。アフター5ストラテジーでトレンドチェックしてトレンド方向を確認し、結局強いトレンドで順張りし、利益とれたら、1回で取り引きを止める、このルールを確立できたと思います。これで駄目ならまた違う方法を考えましょう。いっぱい携帯でweb見たので、来月の請求書が怖いなぁ。儲けが内職よりもぜんぜん儲かるから、すこしづつでもいいので負けを取り戻そう。
スポンサーサイト
  1. 2010/05/28(金) 23:22:35|
  2. FX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. トピックイットに投稿する トピックイットに投稿する

爆損

取引初日で6口買って、いきなりユーロ暴走でロスカット
それから1口を徹底。2回目は上昇で当然勝利も小額レベル。
3回目気を取り直して、上昇か、下降か?わからない局面で、
下げと勝手に判断して売るも上昇して損失。
4回目は注文が勝手に実行されていて、損0のところで上昇
すると思って、損切れず買い注文で再度損失。
5回目夜チャートを見ながら注文入れるも、
そこから怒涛の反転で損きり。
上昇トレンドで、(売り→買い)の下落トレンド対応はしないことにする
6回目は豪ドル上昇トレンドに乗っかり少量勝利
同じ夢を見ようと思い、7回目買うも
高値買い(高値掴みとおもっていたが)上昇すると
おもったが、ロスカットに会い
(少し上昇していたので、pip数を少なくするルールを追加)
補填が入るまで何もできない状態になりました。

でも、この失敗によって、ルール作りがだいぶできました。
2勝5敗の勝率28%。利小損大の典型です。
どう動くか?わからない、まだ、流れがわからない状態では
勝率をあげる方法が得策に思えます。
小さい勝ちをすこしづつ積み重ねる手法です。
勝ち数を増やしたほうが複利の法則で
利率がふえるので、いいと思うのですが、とりあえず、
それでやってみます。

方向転換 まず100勝を1口でやって、そこから
二口で170勝するのが目標。。
  1. 2010/05/13(木) 23:08:40|
  2. FX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. トピックイットに投稿する トピックイットに投稿する

日記再開

5/7PDCAチェック
反省点
①やりかたがわからない状態でやると痛い目にあう。
②あきらめたら早めにやめる
③何度もみない。パケット代かかる
目標
①まずは19まで戻す
②12月までに実施するのが当面の目標
19万-3.8万=15.2万
15.2万÷0.2万=76÷5日(週)=15.02週
マイナスもあるので30週。30週は7ヶ月という理屈。
  1. 2010/05/09(日) 10:06:53|
  2. FX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. トピックイットに投稿する トピックイットに投稿する

リンク

このブログをリンクに追加する 相互リンクレーシック

来店して頂いた方

ログスター

ログスター

記録者

モンティー

Author:モンティー
FC2ブログへようこそ!

かみさんに叱られながら、ネット副収入にいそしむ猿

月ごとの記録

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

フローク

プレスブログ

あし@

ブロモーション

サンプル・イベント・モニターならBloMotion

中吊り

みみっくう


配布元:キャッシングくらべる君

mac


びどり

三菱電機クラブ

ぷりずんぶれいく

ブログ内検索

RSSフィード

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。